2018-09-20

地域を元気にする農業

 9月14日の午後に、折り畳み自転車を使って千葉県印西市の有機農家を訪ねた。インターネットで地図を調べておいたが、駅から農家に進む道を1本間違えてしまい、約束の時間に少し遅れてしまった。
 訪ねたのは44才の櫻井修一さんが経営する櫻井農園。両親の他に13人ものパートさんを雇用し、水田1町7反、畑は路地で5町、ビニールハウスは1000坪で、米、小松菜、枝豆、ブロッコリーなどを育てている。畑の4町は他人の耕作放棄地の借地である。また3反の栗林を開墾し、ナス畑にするなど積極的である。
 年間の売り上げは約3500万円で、いずれ1億円を目指すとのこと。
 もらった名刺や枝豆を入れる袋には、「農業で地元地域を笑顔にします」と印字してあった。地域から耕作放棄地をなくし、元気な高齢者にも働いてもらい時給を渡す。こうして地域に笑顔を増やしつつあり、その思いは働く全員に伝えて共有しているから凄い。もちろん家計が黒字にならなければいけないが、あくまでも目的は地域の笑顔であり、そこに皆の働く動機をもっていっているので、農業の経験のない近くの新興住宅地の若いお母さんたちも楽しく働いている。
 9年間のサラリーマン生活をした修一さんは、働く人の気持ちがよく分かり、規格外作物を帰るパートさんに持たせたり、月2回の定休日を定め、昨年から全員を連れて1泊の温泉旅行にも行き親睦を深めている。
 日本の農業は、生産者の高齢化や後継者不足などで危機に直面している。しかし、すでに全国で約40万haという耕作放棄地があり、田畑は充分にある。若い専業農家は少ないが、高齢者や成人の女性は多くいる。さらには働きたくても働く場のない障がい者も多い。各自の条件に応じた働く場や作業を工夫すれば、新しく農作物を生産することは可能だろう。
 問題は、再生産のできる価格で消費者に届ける物流と販売先を確保することである。櫻井農園では、3から4割は船橋農産物供給センターを通して生協に流し、他は近くのスーパーなどに直接運んでいる。近郊農業の1つの在り方としてとても参考になった。
 下の写真は、ユンボを使って栗林を開墾し作ったナス畑

2018-09-15

映画「Workers(ワーカーズ) 被災地に起つ」

 13日に映画「Workers(ワーカーズ) 被災地に起つ」を都内の試写会で観た。東日本大震災で大きな被災のあった宮城県登米町と岩手県大槌町などを中心にして、日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)が、地域復興のため新たな仕事おこしに取り組んでいる。
 ワーカーズコープでは、一人ひとりの願いと困ったことに対して、同じ志を持った者が協力して新たな仕事を立ち上げている。
 大槌の地域共生ホーム「ねまれや」では、地域の人たちのより所として定着しつつある。「人口は減っているが、困っている人は減っていない」と頑張る若い女性の所長さんは、目がキラキラしていた。
 登米市の地域福祉事業所「きねづかの里」では、高齢者デイサービスと障がい者福祉の「はっぴぃデイ」、障がい者の就労支援事業「心♡りっぷる」障がい児支援、放課後等デイサービス「ぽっかぽか」が地道に活動している。
 それぞれの取り組みもさることながら、登場人物の顔が輝いていた。
 ワーカーズコープの幹部の知人がいたので、映画の後で少し立ち話をした。「福島の被災地がなかったので残念だね」と私が言ううと、浜通りでの取り組みはないとのことであった。
 ところで私の住む取手市で、ワーカーズコープの準備会ができているとのこと。4番目の孫が発達障がいであり、その子の将来のためにも新しい働く場をぜひ創りたいと考えているので、この準備会の動きを詳しく知りたくて連絡先を教えてもらった。時間や費用はかかるだろうが、動ける間に何かしたいものだ。

2018-09-03

種子法廃止とこれからの農業を考える

 9月1日に都内で、私の所属する日本科学者会議食糧問題研究会主催で、元農林水産大臣の山田正彦さんを講師に「種子法廃止とこれからの日本の農業」を開催した。後援はパルシステム生協連合会、生協パルシステム東京、東京ワーカーズ・コレクティブ協同組合、日本協同組合学会、東都生協、日本労働者協同組合連合会で、71名もの参加があり、1時半から4時半まで熱気あふれた場となった。
私たちの食に直結する日本の農業が、これまでになく多国籍企業の儲けの対象となって大きな岐路に立たされている。20184月に主要農作物種子法(種子法)が廃止になった。
1952年に制定された種子法は、餓死者もでる食糧難を経験した日本が、稲・大麦・はだか麦・小麦・大豆の主要作物について、安定して供給する責任が国にあると定め、優良な種子の生産と普及を明記している。地域に適した良質な種子が公共財として生産者へ届くように、各地の農業試験場などで必要な経費は国が担ってきた。
 そうした日本の農業を支える骨格が崩されたのだから大変である。講演では、野菜の種子は国産100%からすでに海外生産が90%に、種苗法21条第3項によって自家採種ができなくなるかも、すでに日本でも日本モンサントの米を栽培、遺伝子組み換えの米の種子が用意されているなどとあって、多くの参加者も驚いていた。
 休憩の後は、参加者との意見交換をさせてもらった。

「種子が消えれば食べ物も消える。そして君も」は、スウェーデンのスコウマンの名言である。日本国憲法第十二条では、「国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」とある。私は司会をしつつ、たいへんな状況ではあるが、まだ志のある人との連携をより強めることによって変えることができると強く
感じた。
 写真は熱く1時間半も語ってくれた山田正彦さん。

2018-08-30

これからの日本を考える

 8月28日の午後1時から5時半まで、都内で「激論!これまでの日本、そしてこれからの日本を考える」集会があり参加させてもらった。主催は一般社団法人日本フロンティアネットワークで、日本労働者協同組合と企業や団体が協力して新しい仕事おこしなどをしている。
 集いの前半は「民主主義の可能性を考える」として、作家の北原みのりさんが女性の目線で男社会を痛烈に批判した。
 後半では「今の日本と世界を考える」としてジャーナリストの斎藤貴夫さんから、政界だけでなくジャーナリズムの問題点など鋭く解説していた。たとえば来年秋に予定している消費税10%への値上げでは、食品と新聞が軽減対象となり、新聞がますます政権批判をしなくなるとのこと。魂を金で売り渡しているわけだ。
 鼎談の1人は広島市立基町高校の卒業生の富田葵天(そら)さんで、彼は昨年の平和・協同ジャーナリスト基金の授賞式に、「原爆の絵」の作者の一人として参加しており私も会っていた。「忘れられない~あの目」と題してある被爆者の証言をもとに、下敷きになった中年の女性が、通りかかった少年の足先をつかみ、助けをこう瞬間を描いていた。一番苦心したのは女性の目で、1年間で10回も書き直したとのこと。平和をテーマにしてその後も毎年のように作品を仕上げており、絵にかける情熱は凄い。
 6時からの懇談の場で富田さんの隣に座り、いろいろ意見交換させてもらった。ソウルでの原爆資料館や平和の集いの話もし、2年後の8月6日には韓国での原爆の絵の展示と講演についても相談し内諾を得た。取手市の東京芸大大学院の2回生で、藤代市に妹と一緒に住み、彼女は別の大学でやはり絵を専攻しているとのこと。母親が絵を描いており、画家一家でもある。呉市の実家にこれまでの作品があるとのことで、広島市でも次に訪ねたときに足をのばして観てみたいものだ。

2018-08-24

メメント・モリ

 ラテン語のメメント・モリは、「死の記憶」とか「死を想え」などと訳され、人は必ずだれでもいつかは死ぬので、必至になって自分らしく生きろという願いを込めている。このため仏教の念死にも通じる。
 昨日の23日の11時から、都内の斎場である親類の「お別れ会」があり参列した。私と同じ齢である義兄には、一人娘に2人の子どもがいて、鬼籍に入ったのはその下の子であった。脳腫瘍の手術を2年間に9回も繰り返し、10歳と11カ月でついに旅だった。
 クラスメイトとその親、地域のサッカーチーム、それに学校や保育園の先生など約200人が集まり、無宗教で各自が想い出を話す良いお別れ会だった。棺桶の中に花を入れるとき頬に触れると、氷のように冷たかった。
 2時間ほどのお別れ会の最後は、出棺する車を子どもたちの緑の風船で見送った。

 親族で火葬場に行き、少し待った後で骨壺に長い箸を使って小さくなった白い骨を納めた。頭がい骨に直径1cmほどの丸い穴があり、よく頑張ったと思うとその日何度目かの涙があふれ出た。10歳の子どもを亡くした両親や、仲良しだった2歳上の姉の心中を想うと、私には慰める言葉もなかった。
 先週、ネパールからある里子の母親が自殺したとの連絡があった。4月に訪ねた新しい里子の小柄な可愛い母親で、夫婦でお寺のトイレ掃除をしつつ幼い2人の女の子を育てていた。また来るから元気でと握手して別れたので、再会することを楽しみにしていただけに驚いた。いったい何があったのだろうか。
 辛い別れは、他にも私にはいくつかあった。その1つが小学3年のときの母であった。始まったばかりのビニールハウスによる農業で、今では禁止されている農薬を使い、いくつもの病気を併発し長く入院生活をしていた。いよいよダメとなった最後の頃に、父に「みかんが食べたい」と母は頼んだ。8月の終わりで当時はハウス栽培のみかんはなかった。青い小さなみかんを父は持っていったが、もちろん食べれたものではない。それからというもの私は、みかんを口にするたびに優しかった母を想い出す。朝晩は、書棚に飾ってある位牌に手をあわせている。
 死者は肉体的にたとえ消えても、心の中でいつまでも生きていく。メメント・モリをこれからも忘れずに歩んでいきたい。
 
 

2018-08-21

8月の田んぼの学校

 8月18日(土)は朝5時に起きた。前日から千葉にある船橋農産物供給センターの飯島代表宅に泊めさせてもらい、深夜まで日本酒やビール・焼酎を飲みつつ話を聞いたりした。その深酒と、前日に手賀沼から印西まで1時間半ほど自転車で走ったことでの疲れが残り、少し体がだるかった。
 飯島さんが、30kgの玄米を近くの自動精米所で5kgの白米の袋詰めにし、それを船橋の団地に届けるのに同行した。その後は、センターの倉庫から野菜類を直販所に運ぶので少し手伝った。
 それがすむと飯島さんは、京成線臼井駅近くのレンタカー会社でマイクロバスを借り、駅前で待っている約15人の親子を乗せて運んだ。
 10時からの東都生協による田んぼの学校では、車での参加を含め約30人が集まった。畑と林の間の道を進んでいくと、落ち葉の上に黒いクワガタがいたので捕まえた。4歳ほどの女の子に見せると、「キャー!怖い」とのこと。噛みつくわけでもないから安心だが、本人が嫌っていてはやむを得ない。今度は小学の低学年ほどの男の子に渡すと、大喜びして母親にも見せていた。後で捕まえたトンボも、やはり女の子は怖がってダメだった。
 春に植えた稲はりっぱに育ち、大きくなった穂が垂れてきていた。参加者は、田んぼの周囲の畔や、里芋や大豆などの畑で草取りを午前中にして汗をかいた。
 拡げたビニールシートなどに皆が座って昼食をとっているときに、横の中年の男性に話を聞いた。銚子から片道1時間半かけて来たという男性は、以前に飯島さんが企画した田舎の学校で農作業が楽しくなり、ITの会社を早期に退職して、今は2.5反の水田で米作りをしていると楽しそうに話してくれた。会社勤めは収入も多かったが、生きている意味を感じることができずに悩んでいたが、農作業することで楽しい人生を送っているとのこと。2.5反の米では収入も知れたものだろうが、くったくのない笑顔が輝いていた。種から芽が出て、丁寧に育てるとりっぱな農作物を収穫することができる。自然の素晴らしさや、その一員としての自分を実感できる。農の魅力を再確認でき私も嬉しくなった。

 午後の水鉄砲作りなども終えて2時過ぎに解散したので、折り畳み自転車に乗って北総線の印西牧の原駅をめざし、30分ほど走った。その途中にあったのは、サバイバル・ゲームの施設で、迷彩服を着た男女がエアーガンを手にして楽しんでいる。そこは小さなテーマパークのような施設であったが、他に森林の中で撃ち合うなど4か所もあるとのこと。撃っている大豆ほどのプラスチック製の弾が、たまに施設外に飛んでくることもあるそうだ。田んぼの学校でほんのりとした気持ちになっていたが、急にどんよりとなった。
 

2018-08-20

千葉の有機米生産者を訪ねて

 8月17日の昼に愛用の折り畳み自転車をさげて、取手駅から常磐線と成田線を使って千葉県の中ほどにある有機農家を訪ねた。船橋農産物供給センターで米生産部長の梅沢さん(72歳)から、農業のこだわりを聞き、あわせて田畑を見せてもらうためである。かつては広大な手賀沼の広がっていた場所に、江戸時代から昭和の戦後にと続く干拓事業でできた地域の1つでもある。奥さんと2人で、米以外にもトマト・甘長唐辛子・ピーマンなどを育てている。24歳から45歳まで町議をしていたときもあるが、それ以降は農業一筋で働いている。同じ唐辛子でも品種はいろいろとあって、収穫が少なくなると、翌年は別のものに替える。すると植える時期や栽培方法なども変化することがあり、いつも頭を使って工夫をしている。それだけ大変だけど、だから楽しいと笑っていた。
 近くの畑を案内してもらった。ビニールハウスの横で甘長唐辛子を栽培している畑は、周囲を2mほどの背丈の草であるソルゴーを生やして風除けにしていた。また畑の中央には、特殊な街灯をつけて夜間に害虫を駆除していた。作物を守るためいろいろと工夫をしていることがよく分かった。
 梅沢さんのこだわりというか楽しみの1つは、農作業から出てくる俳句創りである。センターで季刊に発行している「おいしい野菜通信」には、野良爺の名前でいつも素敵な俳句が載っていて私も読んでいた。最近だと以下である。
 ・泥靴と 畑に別れ 春の月
 ・線香の けぶり掻き分け 茗荷の子
 手帳にでも書いているかと聞くと、ひらめいたときに携帯電話へすぐ入力し、今は70首ほど保存していると見せてくれた。こんなにして農業を暮らしの中で楽しんでいる生産者がいると、私も嬉しくなる。