2018-08-09

ソウルを訪ねて2

 「韓国の原爆被爆者に会ってきた」というと、よく「えっ、朝鮮でも原爆が投下されたんですか?」と驚く人がいる。そうではなく日本の広島と長崎で被爆した朝鮮半島出身の方々が、戦後に帰国して暮らしている。その数は、韓国の被爆者の協会に表で以下のように示している。
     韓国人   原爆死亡者   帰国
広島   7万人   3.5万人     3万人
長崎   3万人   1.5万人     1.3万人
計   10万人   5万人     4.3万人
 やっとのことで帰国した人たちは、「日本で金儲けしてきた」とか「日本を手助けした」などと非難され、今でも経済的にも健康面でも苦労されている方は多いが、社会からの支援はほとんどなく苦しい生活を余儀なくされている。
 そうした中で高橋公純さんは、毎年8月6日にソウル市内で支援の集会を開き、原爆で亡くなった韓国人の慰霊を祀り、苦労されている被爆者の慰安の場を提供している。10時半からはじまった集会には、釜山などからを含め約200人が集まっていた。舞台に設けた祭壇の横にある平和の鐘を、地元の子どもの男女2人が叩いて開演した。韓国、日本、台湾の3人の女性が民族服でお茶を捧げ、公純さんや被爆者のソウル支部長などの挨拶が続く。私も檀上に立ち、「被曝ハマユウの祈り」と題して、原爆の熱線・放射線・衝撃波の被害、平和のシンボルとしての被曝ハマユウの経過、福島の原発事故で自殺者の続いている現状に触れ、原爆も原発も原理は同じことなどを話させてもらった。
 後半は、死者の霊を慰めるため白いチマチョゴリでの踊りや、韓国の国民的な歌でもある哀愁をおびた「アリラン」も流れた。
 3年ぶりに参加した心のこもった集会であった。


  

2018-08-08

ソウルを訪ねて1

 4月の早朝にリュックサックを背負って家を出て、成田空港10:50発で韓国の仁川空港13:20着で飛んだ。6日に開催となる被爆者支援の集会参加が目的であった。格安の航空会社を使ったため、機内食は簡単なパン1個とヨーグルトだけ。アルコールも有料なので夜まで我慢した。
 今回は迎えの車が来ていたので、仁川からソウル市内のお寺へ直行したので楽であった。数日前にソウルは40℃近い猛暑で、日本と同じく熱中症での死亡が社会問題になっていた。
 4時頃に住職の高橋公純さんと会い、しばし懇談させてもらった。そのとき私は、『大乗起信論を少し読んでいるが難しいですね」と話すと、驚いた顔をした公純さんは、関連する本を何冊か出してきた。法華経についても同じで、また何冊かテーブルに積み上げてくれた。その場で公純さんが強調したのは、経典を理解することも大切だが、それ以上に大切なのは実践する応用とのこと。また重要なことを教わった。日本で日蓮正宗の幹部として活躍していた公純さんは、教団と創価学会に挟まれて本来の仏教に生きることができないと、日本を出て韓国に帰化し、奥さんと子ども3人で、ソウル・釜山・台湾などの寺を運営し、貧しい人や原爆被爆者の支援などにも精力的にされている。
 3年前は広島の原爆ドーム前の川で採った原爆瓦と、千葉の被爆者の聞き取りした冊子
を運んで公純さんが私費で新設した原爆展示館に寄贈した。今回は広島市立基町高校の美術部の生徒たちが、2007年から2016年までに被爆者から聞き取りして描いた「原爆の図」116枚を紹介した冊子を持参して手渡した。この貴重な絵は、広島平和記念資料館の協力で実現し、同館のHPで公開されている。被爆した朝鮮の方の証言を描いた生々しい6枚も含まれており、公純さんは2020年にでもソウルで展示会をし、描いた生徒にも話しに来てもらえれば嬉しいとのことであった。冊子を提供してくれた美術部の先生に、お礼と一緒にその意向を伝えたいと考えている。
 写真は韓国原爆展示館で館長も兼ねる公純さんに手渡しているところ。横の男性は、韓国の原爆被爆者団体でソウル支部長さん。

2018-08-01

台風を追いかけて孫たちと帰省

 29日の昼前に羽田から高知行きの飛行機に、娘や孫たち8人で乗った。直前の案内では台風12号が広島付近にあり、着陸できないときは大阪の伊丹かもしくは羽田に引き返すこともあるので、それを了承したうえで搭乗するようとのこと。1人だけならどうにかなるが、障がいをもった幼子も含め8人もいる。どうするかかなり迷った。高知の弟に電話して聞くと、雨も風もないとのことで搭乗を決め検査場を急いだ。
 高知の空港へ無事に着陸したときは、本当にホッとした。弟と妹の車に分乗し、まずは96歳の母がいる施設へ。大きくなった孫たちに会って喜んだ母は、「南国土佐を後にして」を歌いながら踊ってくれた。
 「100歳のときにまた皆で集まってお祝いをするから」
 そう約束して別れた。ぜひ実現させたいものだ。
 スーパーで買い物をしていると、空が晴れてきたので実家近くの海に行き、娘や孫たちと泳いだ。特に発達障害のある4歳の孫は大喜びしたが、20分ほどでドシャブリの雨になりやむなく中断。
 2日目の朝も残念ながら大雨で、鍾乳洞の龍河洞へ全員で出かけ、石灰の長い洞窟を40分近く見学した。4歳の孫は少し歩いたが、すぐに怖がってしがみついてきた。やむなく私と娘が交替で抱っこやおんぶで進んだ。狭い場所もいくつかあり、孫の頭などに注意しながらゆっくりと歩いた。私が幼少のとき、リューマチのような病気で歩行ができなかった。村の旅行でこの龍河洞に来たとき、今は亡き父が私を背負ってくれてずっと廻ってくれた。滑る足場や階段でさぞかし大変だっただろうと、今さらながら父のありがたさを感じた。
 それにしても今回の台風12号は異常である。普通は西から東へ向かうが、今回は逆に関東から関西や九州へと進み、種子島では一回転した。また台風が過ぎた後は快晴に普通はなるが、2日間も雨交じりであった。これも地球温暖化の影響だろうか。各地の大雨による被害や、猛暑による熱中症の死亡者など、原因はよく分からないが自然界の変化が進みつつあることは事実のようだ。

2018-07-27

愛とヒューマンのコンサート  ベッセラ親子の熱演

 7月26日の昼から埼玉県坂戸市役所のロビーで、被災地に思いを寄せようと「愛とヒューマンのコンサート」が開催となり、フランスはパリ・オペラ座のピアニストのベッセラさんが、2人の娘と一緒に熱演してくれた。2年前のときにピアノは聴いていたが、今回は長女のエステル(17歳)がチェロと、次女のエリーズ(15歳)がヴェイオリンとフルートでさらに音楽を盛り上げてくれた。
 一曲目は、私も大好きなカッチーニのアベマリア。「アベマリア」と繰り返す歌がなくてもピアノとチェロとヴァイオリンが、それぞれの音色で美しく歌ってくれ、思わず目頭が熱くなった。最後のオー・シャンゼリーゼでは、2人の娘が軽やかにステップをふみつつ歌いながらロビーを舞ってくれた。
 市役所の後は、市内の障がい者支援施設に移動した。50人が暮らし、20人が通所で利用している大きな施設であった。車椅子やストレッチャーのような台で聴いている人もいた。演奏がはじまると体全体で反応する人もいて、中には足が悪くて特殊な靴をはいているにもかかわらず、ピョンピョンと跳ねまわる女性もいた。喜んでくれるのはいいが、体に影響がないかと心配したほどである。
 遅い昼食をとった後は、4時30分から消防署を訪ねた。エステルが、フランス消防のマスコットガールをしていることもあり、日本の消防を訪ねたい希望もあって表敬訪問となった。指令室や消防自動車などを見学させてもらい、また増える外国人向けに12か国語にも対応できるシステムを使い、フランス語で署員が解説してくれて驚いた。ノリノリだった障がい者とは正反対に、約50人の署員はきちんと座ったままで聞いていた。それでも最後にはベッセラによるタンゴの曲でエステルと踊ったりと、楽しい時間を過ごした。

2018-07-23

原発の学習会で報告

 連日35℃の猛暑で体がだるい。数年前から夏になると蚊に喰われた痕が、衣服でこすれると化膿するのでバンドエイドを貼っているが、今度はそこがかぶれて赤くなり、1週間ほどは痒くて困っている。
 22日の昼から地元の取手市で、「戦争をさせない・9条壊すな!総がかり取手実行委員会」主催の学習会があり、「福島の原発事故の影響は今」と題して私はジャーナリストと日本科学者会議の肩書で、30分ほどパワーポイントを使って話をさせてもらった。なおこの会には、取手市にある19の団体が所属し、そこには共産党と社会民主党も加わっている。
 「お墓に避難します」との遺書を書き自宅で首をつった93歳で南相馬市の女性、57歳で灯油をかぶり焼身自殺した川俣町の女性、「原発さえなければ」と壁に書き、32歳の奥さんや6歳と5歳の子どもを残して首を吊った相馬市の54歳酪農家など、写真を写しながら説明した。こうしたケースを含め昨年までに福島県では99人もの震災関連自殺があり、その多くが放射能汚染が影響し、東電もそれを認めて裁判で賠償金を支払っている。
 にもかかわらず2013年に自民党の当時の高市早苗政調会長は、原発事故による死者はいないと言い切った。原発事故はアンダーコントロールしていると国際舞台で大嘘をついた安倍首相も、ともに人間として失格である。
 3000℃にもなる核分裂の熱を利用して発電する原発は、原理は原爆と同じでコインの表裏であり、脱原発と反核の運動は連携して効果を高めればいいが現実には弱い。そこで反原発の反原爆の統一した運動の輪を拡げ、さらには原発や金に依存しない暮らしの大切さを話して終えた。
 他には「東海第二原発廃炉に向けて」で常総生協から、「放射能と子どもの健康」でとりで生活者ネットワークから、「県議会から見た東海第二原発稼働問題」で県会議員から、それぞれ貴重な報告があった。最後の30分ほどは会場の110人からの質疑応答で、5時前に終えた。
 自転車で持参した『「愛とヒューマンのコンサート」』は、どうにか5冊が売れてサインもさせていただいた。

2018-07-20

驚きの高裁 細川牧場裁判の二審判決

 7月19日の13:15より東京高等裁判所において、細川牧場裁判の二審の判決があり傍聴した。猛暑の中で駆けつけたので、法廷に入ってもしばらく汗をハンカチでぬぐった。
 時間になり黒服姿の3人の裁判官が入ってきた。座るなり中央の初老の小柄な裁判官は、書類を確認した後で「主文。棄却する」と無表情に話し、「後は書面で」と付け加えて終わった。時間にすると10秒ほど。20人ほどの支援者の中からは、「それでも人間か!」「恥を知れ!」などの罵声が飛んだが、裁判官はとくだん表情を変えることはなかった。
 細川牧場裁判は、3・11の被災後に原発事故の放射能汚染により、全村に避難指示が出た飯舘村で、なぜか対象にならなかった馬約100頭をずっと守り飼育してきた細川さんが、餌代などを東電に求めた裁判である。汚染した牧草を食べさせるわけにいかず、餌代だけでも莫大な金額になるが、今年のはじめに出た一審の判決は信じられない0円であった。 
 すぐに控訴し、4月に控訴理由の書面を出して、もうこの7月で結審であった。地裁で不十分な点を高裁では新たに調べて判断するものと私は思っていたら、まったくせずに「却下!」である。地裁の判決文には事実誤認が、いくつもあったにもかかわらずである。聞くとこうした乱暴なケースが最近はあるそうだ。こんな国民をバカにしたことをしていると、法曹界は内部から必ず崩壊する。
 実は細川牧場では震災後に原因不明で馬が急死し、何と40頭近くも続いている。その中には仔馬もたくさんいて、ある朝のこと奥さんが牧場にいくと、カラスが仔馬の目の玉をくり抜いていてショックを受けた。そんなこともあり優しい奥さんは心を病み、今は福島市内にある精神病の病院で治療を受けている。
 参加した支援者での相談の場で私は、被災者の自殺が福島県ではすでに99人にもなって岩手と宮城の合計に近いことに触れ、馬だけでなく人の命をも守る取り組みへの拡大を訴えた。
 運動を組み立てなおすとなると、多くの時間や費用も必要になってくる。改めて8月7日に有志で相談することになった。困難は少なくないが、こんな理不尽なことをそのままにするわけにはいかない。
弁護士会館地下のレストランにて細川さんを囲んだ激励会 
 

2018-07-15

岩手で被災した漁民の苦悩

 大船渡から越喜来(おきらい)をまわり、何人かの漁民にあって話を聞かせてもらった。3年ぶりの大船渡は、大きな魚市場やホテルなどが完成し、すっかり街並みがかわっていた。復興が順調かと思ったが、実状はそうでもなかった。
 一つが貝毒の発生である。原因が不明で昨年も今年も発生した地域があり、主要なホタテの養殖による収入が皆無で困っていた。共済に加入していて保障はそれなりにあるが、それも3年間だけなので、来年も被害があるとそれ以降は打ち切られてしまう。毒の発生に地球温暖化による海水の温度上昇もあるようだが、同時に地元で聞いたのは防潮堤などのコンクリートの影響である。強アルカリ性のコンクリートが多くの海岸線に使われており、沿岸の汚染につながっているのではとのこと。同時に岩手県では集落の前に高さ12.5mの防潮堤を築き、この重みでもって山から流れてきた地下水をおさえ、沿岸の湧水が少なくなってプランクトンの増殖に影響しているとの指摘である。
 二つ目は、小規模な漁民無視の行政で、その一例が岩手サケ裁判である。隣の宮城や青森では小規模な漁民でもサケを獲ることはできるが、岩手では資源管理ができるとして大手の水産会社と漁協だけに限定されている。100人の漁民が「浜一揆」として訴えて、今も裁判を続けている。さらにはマグロについては、全国規模で大手水産会社の利益優先の政策が進行し、このまま推移すれば漁業をあきらめる人が続出するのではとの声がいくつもあった。農業だけでなく漁業でも、企業優先の動きが強まっている。生産者だけでなく、消費者も含めた国民的な課題である。