2018-07-15

岩手で被災した漁民の苦悩

 大船渡から越喜来(おきらい)をまわり、何人かの漁民にあって話を聞かせてもらった。3年ぶりの大船渡は、大きな魚市場やホテルなどが完成し、すっかり街並みがかわっていた。復興が順調かと思ったが、実状はそうでもなかった。
 一つが貝毒の発生である。原因が不明で昨年も今年も発生した地域があり、主要なホタテの養殖による収入が皆無で困っていた。共済に加入していて保障はそれなりにあるが、それも3年間だけなので、来年も被害があるとそれ以降は打ち切られてしまう。毒の発生に地球温暖化による海水の温度上昇もあるようだが、同時に地元で聞いたのは防潮堤などのコンクリートの影響である。強アルカリ性のコンクリートが多くの海岸線に使われており、沿岸の汚染につながっているのではとのこと。同時に岩手県では集落の前に高さ12.5mの防潮堤を築き、この重みでもって山から流れてきた地下水をおさえ、沿岸の湧水が少なくなってプランクトンの増殖に影響しているとの指摘である。
 二つ目は、小規模な漁民無視の行政で、その一例が岩手サケ裁判である。隣の宮城や青森では小規模な漁民でもサケを獲ることはできるが、岩手では資源管理ができるとして大手の水産会社と漁協だけに限定されている。100人の漁民が「浜一揆」として訴えて、今も裁判を続けている。さらにはマグロについては、全国規模で大手水産会社の利益優先の政策が進行し、このまま推移すれば漁業をあきらめる人が続出するのではとの声がいくつもあった。農業だけでなく漁業でも、企業優先の動きが強まっている。生産者だけでなく、消費者も含めた国民的な課題である。

2018-07-13

久しぶりの陸前高田と大船渡

 10日と11日にかけ、被災地のワカメを仕入れにいく知人に同行させてもらった。朝6時に家を出て取手駅前で車にピックアップしてもらい、高速道路の常磐道と東北道を使い、一ノ関経由で陸前高田に着いたのは13時半であった。寿司屋に入り昼食をとっていると主人が出てきて、住民不在の復興が進んでいると話してくれた。7年もかかってかさ上げした場所に、今さら大半の住民は帰ってこないが、それでもここの寿司屋は新しい商店街に新店を出すとのこと。
 陸前高田にある民間の生態総合研究所を訪ね、自然の環境を丁寧に調査している話を聞いた。ここでも行政の進める復興についての指摘があった。
 何回か訪ねている障がい者の作業所「あすなろホーム」を訪ね、持参した大きな西瓜を2個渡してきた。あいにくいつも対応してくれた所長は不在であったが、いくつもの詩を書いているマー君は、元気にワカメ切りの作業をしていた。本創りはもう少し時間がかかるが、いつかはきっと仕上げるとの所長への伝言を顔見知りの職員に頼んだ。
 広田湾で牡蠣養殖をしている60代後半の漁師さん夫妻を訪ね、86歳でまだ現役の男性を含め近況を聞かせてもらった。原因不明の貝毒によってホタテの出荷はまだストップしたままで不安そうだったが、広い庭や裏山に花や紫陽花などを沢山植えて暮らしを楽しんでいた。庭に置いてあった面白い形の流木と、養殖したホヤをいただいた。
 宿は大船渡の湾を一望する高台にあり、露天風呂のある温泉で長旅の疲れを癒した後、ウニや刺身などの海の幸を、冷たい地酒で心ゆくまで堪能することができた。
 ずっと運転してきた知人は、疲れもあって早めに寝たのはいいが、イビキがうるさくてしばらく私は眠ることができない。地酒をチビリチビリ愛でつつ、部屋の電気を全て消してしばしベランダから満天の星空を見上げ、星座を目で描いた。
 そこで一句。
 「海面に 灯台光る 大船渡
          地酒愛でつつ 星と遊ぶや」

2018-07-09

柳澤明朗さんを偲ぶ会に参列し

 7月8日も朝から暑かった。昼に電車を乗り継ぎ横浜の先にある金沢八景の横浜市立大に出かけた。「神奈川ぞうれっしゃ」のメンバーに加えさせてもらい、14時からはじまる偲ぶ会のため生協食堂の横で歌の練習をした。30年ほど前に大学生協東京事業連合で食堂の責任者をしていた頃に、何回か訪ねていたがまったく記憶になかった。認知症でもはじまっているのかと一瞬不安になったものだ。
 全国から集まった140人ほどが、狭い会場を熱気でつつんだ。オープニングは本人も大好きだった「この灯をとわに」の心にしみる合唱と、途中で87歳になる堀喜美代さんがカイロを手に「祖母・キクの独唱」を熱演してさらに花を添えてくれた。あとの懇談のとき掘さんの自伝的な本『大地に種(うた)を蒔く』にサインしてもらうと、「うたごえは平和の力」と書いてくれた。
 家族で創った20分ほどのスライドには、子どものときからの元気で明るい柳澤さんが登場して何回も会場を沸かした。交際の広かった方なので、在りし日の柳澤さんに触れたスピーチは何人も続き、やっと献杯となって冷たいビールを五臓六腑に染み込ませたのはもう16時が近かった。青春そのもの・顔中が口のような人・ぞうれっしゃおじさんなど、どれもがそうであった。
 12番目の最後のあいさつとしてマイクを握った私は、現代ルポルタージュ研究会で柳澤さんに永く顧問をしていただき、お礼として来年4月の1周忌には池袋で「柳澤明朗さんと共に歩む会(仮称)」をするため、同人誌の特集を準備していること、また私は本人から「共に未来を創ろう」という熱い言葉をもらい、この間は東日本大震災の被災地へ入って取材を続け、今は8冊目の単行本の準備をしていることなどに触れさせてもらった。
 予定の時間を大幅にこえた会は無事に終え、名古屋から参加していた「ぞうれっしゃがやってきた」の作詞者の清水則雄夫妻と、作曲した藤村さんのパートナーである菊子さんと、帰りの横浜駅で降りて4人で楽しく懇親させてもらった。名曲のできる裏話をいくつも聞くことができたし、大きな仕事の陰には素敵な女性の支えのあることなどがよく分かった。
 暑い1日だったが、おかげさまで楽しく有意義な時間を過ごすことができた。もっともこれで終わりでなく、本人も言っていた「超戦争少年」が、どのようにして平和の使者の1人である「ぞうれっしゃおじさん」になったのかの、柳澤さんの思想遍歴をルポで来春までにぜひまとめたい。

今どきの学生は

 7月7日の昼から大学生協のOB・OGで構成する「友の会」総会が都内であり参加した。1年ぶりの懐かしい顔は、白髪が増えたり痩せたりして誰もが齢を感じさせた。もっとも私もその一人であるのだが。
 会では大学生協連の昨年秋に実施した第53回学生実態調査の概要報告があって、興味深く聞いた。
 第一に学生の経済状況である。1カ月の自宅生の生活費は6万2590円で、前年比1900円増となり、その半分はバイト代で補っている。下宿生では月12万750円必要で、仕送りと奨学金で足りずに、ここでもバイトのウエイトが大きい。「授業が選択でバイトは必修」の状態が残念ながら続いているようだ。
 第二に就職である。4年生の内定は高くなっていていいのだが、職場に求める条件では、金銭的保障の第一に続き、有給休暇、残業がない、勤務時間、勤務地などが続き、安定志向がそれなりに強い。
 第三に日常生活である。学生だから読書は当然だと思うのだが、1日の読書時間0が53%もいて、5年間で19ポイントも増えているから驚く。読書に比べて多いのは、スマホの177分である。ゲームなど内容も気になるが、それ以上に私が心配するのは電磁波の脳への悪影響である。
 ところで別のある調査で読書時間は、小中では横ばいだが、高校から減少傾向にあるとのこと。もっと本を読んでほしいが、書き手の方にも問題があるのだろうか。
 13時から懇親会となり、ビールで乾杯して30人ほどの参加者と楽しく懇親した。

2018-07-04

久しぶりの歌「ぞうれっしゃがやってきた」

 7月1日に神奈川の「ぞうれっしゃネットワーク総会&交流会」があり参加させてもらった。平和を願って大人も子ども一緒になって楽しく歌うことのできる組曲「ぞうれっしゃがやってきた」は、今も全国各地で流れている。その1つが神奈川で、かつて地元のアリーナで3000人が歌うなどの凄い勢いがあった。メンバーも高齢化し、当時からすると動きは弱くなってきてはいるが、それでも会場には20人ほどが集まり、2017年度の反省をし2018年度の計画を話し合った。
 休憩の後、「ぞうれっしゃがやってきた」の練習があり、久しぶりに私も歌った。1986年の初演からすでに32年もたっているが、いつ聞いても胸が熱くなるいい歌である。作曲した藤村紀一郎さんが、音楽の勉強を正式にしていないなどとして、この曲を評価しない「専門家」もかつていたが、これだけ長年にかけ多くの人々から親しまれているのは名曲の証拠である。
 とにかくこの組曲は、聴くこともいいが、自分の口だけでなく全身を使い歌うことである。今回は時間の関係で、軽やかなテンポの10番「ぞうれっしゃよはしれ」と、締めくくりとしての11番「平和とぞうと子どもたち」だけだったが、1番の「サーカスのうた」からの全曲は魅力がいっぱいである。

 

2018-06-24

咲いた被爆ハマユウ

 今年も狭い庭の被曝ハマユウに大きな白い花が咲いたし、株分けさせてもらった東京や千葉などからも、開花した写真が届いたりしている。
 広島市の比治山にあった暁部隊の兵舎横で育てていたインドハマユウで、1945年8月6日に原爆の被害を受けたが兵舎の瓦礫の中からよみがえり、大怪我をした兵士が実家の鎌倉に持ち帰って育てて、戦友がなくなると慰霊のため墓前に植えるなどして拡げてきた。
 以前に私は、兵士の息子さんから株分けをさせてもらい、反核・平和のシンボルとして長崎、沖縄の辺野古や伊江島などに運び植えてきた。さらには韓国、台湾、マーシャル諸島、スリランカ、ネパールなどにも運び、平和を考えるきっかけの1つにさせてもらっている。
 生命力の強い植物で、肥料はいらずに雨水で充分に育つ。茨城県あたりでは越冬も大丈夫だが、雪の積もる地域では鉢植えで冬期は部屋に入れておけば問題なく育つ。世界中にはまだ約1万発の核兵器があるとのことだし、さらに言えば同じ核分裂を原理にする原発による事故の影響はまだ続いているので、安心して暮らすことのできる世の中にすることを願う1つのシンボルとして、ぜひもっと多くの地で咲いてほしい。
 この8月6日には韓国のソウルで反核の集いがあり、被曝ハマユウクラブの事務局長として私は参加させてもらい、ハマユウに替わって平和への願いを話してくる予定である。ただし7分との短時間なので、よほどポイントを鮮明にした簡潔文にする必要があり、主催者に送る原稿を何回も推敲しているところである。

2018-06-04

金剛般若経に触れ 6月の内山節寺子屋

 6月2日の夕方から、定例の内山節寺子屋が亀有駅から徒歩15分の延命寺であり参加した。前半の一般報告は、立教大ゼミ生だった男性から「世代間コミュニケーションと経験値の伝承」があった。労働観などの価値観が大きく変わり、経験知が高齢者から若者に伝わっていないとの現状報告があった。注目すべき点だが、要は現象面だけでなく何を伝承させるかだろう。
 後半の内山さんは、今回は金剛般若経を取り上げ、中公文庫の般若経典の中から紹介してくれた。紀元150年頃にできた大乗仏教にかかわる般若経の1つであり、仏教において極めて大切なキーワードである「空」の言葉は1つもないが、内容は全て「あっても捕まえることのできない空」についての解説である。
 ところで日本語で書いた仏教経典は沢山あるが、翻訳してあっても意味を理解するのが私のような素人にははなはだ難しい。専門用語が多いし、かつ分かっているつもりの言葉を違う意味で使用していることも少なくないから、読んでも何か胸に落ちない。
 その点で内山さんは、細部にこだわるのでなく、民衆視点で全体の仏教の大きな流れの中で、その経典のもつ意味を解説してくれるので分かりやすい。
 自我を捨てきれずに矛盾の多いシャバで生きて修行する在家仏教こそが、真理をつかみ悟りに近づくことができると大乗仏教の本質を語っていた。
 休憩時間に内山さんに、『哲学者 内山節の世界』(新評論 2014年 かがり火編集委員会)の帯にある「哲学は学問として学ぶためにあるのでなく、美しく生きるためにある」との素敵な一文は、先生の言葉かたずねた。すると『哲学の冒険』で使ったとのことであり、帰ってからその本を読むと、第一章2で「美しく生きるために哲学を」として古代ギリシャで活躍したエピクロスに触れし、哲学こそが「美しく生きるための基礎原理である」との言葉を紹介していた。
 8時半頃に終了し、その後は持ち寄った食べ物での楽しい懇親会。冷たいビールで乾杯し、たくさんの料理を口にしつつ団欒した。今回の寺小屋も刺激になった。